Watch List

ブランド一覧

ロレックス一覧

ロレックスについて

時計界に君臨する絶対王者

ロレックス(ROLEX)は、1908年にハンス・ウィルスドルフによって商標登録されました。
高品質で実用的な時計の生産に力を注いだハンス。1926年に世界初の本格防水オイスター・ケースのパテントを取得し、1931年には、自動巻き腕時計の先駆けとなる「パーペチュアル機構」を開発しました。
その後も現在に至るまで、飽きのないデザインと抜群の実用性を備えるモデルを量産。
「時計業界の王者」と呼ぶにふさわしい圧倒的な信頼感を得ているブランドです。

ロレックスの魅力

1. 認知度
そもそもロレックスが世界に的認知されたきっかけは、オイスターケースの開発です。
埃や湿気に弱く、落とすと壊れてしまうのが腕時計、という当時の常識を見事に覆しました。 その進化の集約としてサブマリーナなどの特殊モデルが登場し、通常のレギュラーモデルもこの頑強さが売りとなりました。 また、オイスターケースの採用で水回りでもそんなに気にすることなく使えることも魅力の一つ。
すなわち、次に述べる「実用性」こそが、人気度・認知度の本質であることは、忘れてはなりません。
2. 実用性(頑強さとメンテナンス性)
ロレックスは「究極の日常使い」を目指すだけのことはあり、衝撃や水にも強いのが特徴の一つ メーカーでは「5年でオーバーホールしてください」と案内しますが、何十年もオーバーホールせずとも動くということは珍しくはありません。
また、珍しいブランドの時計だと直すことができない時計店は多いですが、ロレックスならば修理出来るというお店は少なくありません。
したがって、買った後のメンテナンスは非常に楽ということが言えます。
3. 資産価値
ロレックスは、非常に資産価値として安定していることで有名。
もしも売るときに、そんなに損をせず、まとまった資産として手元で持っていられるという安心感があります。 また、「デイトナ」などプレミアを長く維持しているモデルがあるのも特徴。
デイトナやスポーツモデルは、人気過ぎて正規販売店に行っても置いていないこともしばしば。
したがって、中古でもプレミア感が高いのです。

全227件中 1〜30件目を表示

ロレックスの種類

ロレックスは、3大機構と言われる実用時計を擁しています。

  • エアキング
  • エクスプローラー
  • オイスターパーペチュアル
  • コスモグラフデイトナ
  • サブマリーナ
  • GMTマスターⅡ
  • シードゥエラー
  • スカイドゥエラー
  • チェリーニ
  • デイデイト
  • デイトジャスト
  • パールマスター
  • ミルガウス
  • ヨットマスター